ニコライブルクの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

侍従 またも考えてもしようがないことブーたれる

毎年恒例ながら非常に、それはもう、非常に重たい話をする。
(いや、無理に聞いて頂かなくとも今回は可である)

今日は、終戦記念日である。
侍従の父方の祖父は徴兵後、ビルマに行って生きて還ってくること叶わず。
祖父を亡くした父家族の苦労は並大抵ではなかったらしい。
(まぁ、その当時はどこでもそうだったのだろうが)
侍従の父と給仕係の母もB29の空襲の恐怖は未だに忘れられないらしい。
今は亡き給仕係の祖父殿は、運よく沖縄の激戦地から生還できたがまさに地獄絵というものを身をもって経験した方である。
これまた今は亡き侍従の母とその兄弟、およびこれも今は亡き祖父母は、畑仕事の時に米軍艦載機の機銃掃射にあった。
その恐怖は未だに忘れることができなかったらしい。
農耕馬なのに軍馬として徴用された「鬼塚君」「赤塚君」も満州に行って返されることはなかった。
ついでに今は亡き給仕係の父上も子供のころ札幌の陸軍航空練習場(現札幌丘珠空港)の建設で徴集された過去を持つ。
勝てばまだ、心の救いにもなっただろうが、戦死者の殆どは米軍の圧倒的な高性能兵器と物量の前に大した抵抗もできず犬死である。
あまりにも哀れすぎる。
戦争は嫌、戦争は悲惨、当たり前である。今のこの世の中、誰が好んで異民族を殺したがるものか。そんなことはわかっておるわ。
マスコミがそんなことを年に一度繰り返し言ったところで後世の奴らは「あぁ、そうなのか」で終わりである。
大事なことは、
「何でそういうことになったのか」
「どうしたら回避できたのか」
「どうしたら繰り返さずに済むのか」
「今後それをどのように生かして生き目を抜く国際間の駆け引きと対立をうまく回避し、国益を確保できるのか」
ここに尽きる。
学校での歴史の授業で教える「この年は何がありました」「この時代は〇〇文化が栄えました」
これは、歴史の勉強ではないのである。単なる記憶学の学習である。
前述したことを真剣に学ばせなければこの国はまた、同じことを繰り返すことになる。
(とにかく、人が右ぃって言ったらみぃーんな右に流れちゃう国民性だからねぇ)
なんかの小説で言ってたっけ。
戦争は本当にやってはいけない。
なぜか。
勝ったほうも負けたほうも大勢の人間が死ぬからである。

まぁ、この国の与党政府、野党政党もそんな事態なったら能力なくてすぐ戦争突入か、指咥えて異民族の圧政に苦しむのが関の山である。
(最終的には選挙で選んだ国民の責任なんだけどね)

全く我らの世代は戦争の苦しさ、辛さ、悲惨さを知らなくて本当に幸せである。

ニコ:のう、平民。さっきから侍従は何を意味のわからんことをぶつぶつ口籠っておるのじゃ?
ジョセ:さぁね。あたちにはチンプンカンプンなのよ。
DSC20110.jpg

ブログランキング参加中。ポチっとされたし。
にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト
Comment
2008.08.15 Fri 22:14  |  萬田らむね #-
考えてもしょーもない事ではないですよ。
戦争の悲惨さを身を持って知ってる人間はどれほど生きていらっしゃるでしょう?
私でも本やテレビ番組で知った情報しかないのに、
いまの子供たちは全くですからね。
今でも世界では色々な紛争が絶えず、
被害を受けるのは一般の方ばかりです。
日本もヤバいんでない?って思いますよね。
この先が不安ですよ。
どうにかならないもんですかねぇ…。
No title  [URL] [Edit]
2008.08.16 Sat 07:55  |  侍従長 #qDfdtOiE
らむね様
こりゃ、どうにもなりませぬなぁ。
子供の喧嘩の最たるものが戦争です。
人間の知能の限界が戦争なのでしょうなぁ。
などと、しょーもないことを考えてみたりして。
チャンチャン♪。
No title  [URL] [Edit]
2008.08.16 Sat 09:02  |  伯爵夫人 #-
侍従さま、ぎきげんようざます。
侍従さまのご意見おっしゃるとおりでござあます。
戦後のアホ教育により、アホの若者が増えた結果が、このたびの五輪サッカーのくそ坊主どもでござあます。謙虚さも己というものを知らぬくそ坊主。英霊の方々が「犬死に」とあてくしが心を痛めるのは、このようなくそ坊主が多いからでござあます。日本を守るため、あのくそ坊主の年頃の多く若者もが戦っていたことを知らせるべきでござあます。あてくしの意見はこれはこれで過激でござあすが、影武者「おばちゃん」がこのようなテーマで書きますと「あのくそ坊主どもめ、全員ケツバットにしたる」とわめきしらしますので。ほーっほっほっほ。当時日本のために戦った全ての国民と軍用犬と軍馬に感謝でござあます。ただし、あてくし個人といたしましては、当時の陛下に罪を問うことはできませぬ。あのお方はただただ国民のことを考えていらしたお方であると。ええ、あてくしの一族は「陛下はご立派なお方である」と尊敬申し上げておりますのでござあます。
No title  [URL] [Edit]
2008.08.16 Sat 19:19  |  侍従長 #qDfdtOiE
伯爵夫人様
全くその通りにございます。
本当は、当初、凄く過激な文になってしまい書き直したのでございますが、戦争の善悪はともかくとして、少なくとも今のくそ坊主達は発生しなかったことにございましょう。
高天原で大元帥陛下もさぞお嘆きかと存じます。
戦争で負けるとその先100年祟ると言うのは本当でございます。
No title  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://nicojose.blog17.fc2.com/tb.php/110-b67c4106
プロフィール

侍従長

Author:侍従長
家に帰るとネコがいた。
姉妹ブログ「金・銀*2・白銀・三毛のねこ」(←クリックしてみて)の給仕係(Rucion)と暮らして十数年。
ニコライ・ジョゼフィン・フレイヤ・アレクセイ・侍従の五巴の戦いの毎日。
ネコのみならず普段の思ったことをジャンルに構わず記載する。

登場ニャン物紹介
通 称:ニコライ
ニコライ




正式名:ニコライ・アレクサンドロヴィ
    ッチ・ロマノフ(ニコライ2世)
生誕日:2007年5月12日
性 別:オス
猫 族:ロシアンブルー
性 格:甘ったれ、わがまま、ヒヨヒヨ
本ブログでの地位:皇帝(貴族)
名前の由来:ロシアンブルーだから
        とりあえずロシア皇帝の
        名前でもつけとこってことで

通 称:ジョゼフィン
ジョゼフィン




正式名:メアリー・ジョゼフィン・カフリン
誕生日:2007年8月27日
性 別:オスでもありメスでもある
    (いわゆる両性具有)
猫 族:これでも正真正銘のソマリ
性 格:強欲、太っ腹、面倒見良し
本ブログでの地位:ブルジョワ(平民)
名前の由来:闇の世界を支配する
        性格からアル・カポネの
        カミさんの名を頂く

通 称:フレイヤ
ジョゼフィン




正式名:フレイヤ
降臨日:2008年10月28日
性 別:メス
猫 族:ノルウェイジャン・フォレスト・
     キャット
性 格:好戦的、怖いもの無し
本ブログでの地位:自称女神(神)
名前の由来:当ニコライ宮殿に幸を
        もたらしてくれるであろう
        という願いを込め、北欧
        神話の豊穣の女神より
        名を頂く

通 称:アレクセイ
ニコライ




正式名:アレクセイ・ニコラエヴィッチ・
     ロマノフ(アレクセイ皇太子)
生誕日:2009年9月21日
性 別:オス
猫 族:ロシアンブルー
性 格:きかん坊、暴れん坊、怒りん坊
本ブログでの地位:皇太子(貴族)
名前の由来:ニコライの後継者ってこと
      でニコライ2世の倅の名前
      をつけてみた

通 称:撫子
撫子




正式名:ミケランジェロ・いぶき・撫子・
     ガブリエラ・ぐーぐー丸・明子
生誕日:2012年4月2日(推定)
性 別:メス
猫 族:縞三毛
性 格:甘えん坊、お転婆娘
本ブログでの地位:移民
名前の由来:三毛猫で淑やかに育って
      欲しい願いから。

NicoJoseカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
サークルでぇーす

モフモフ愛好会






モフモフ好きの方に是非!!


オトメン倶楽部










オトメン倶楽部員になりました


多夢郵便切手
帝国皇帝ならびに臣民記念切手です。


お気に入りのお店リンク
猫雑貨のお店MEOU MEOU
ネコさんの楽しいグッズを一杯取り揃えています。
各種イベントも盛りだくさん開催していますよぉん。
猫雑の首輪 Rin Rin Ring
ヘンプで編んだ綺麗な首輪を作ってくれます
とっても丁寧な作りです
ヘンプで編み上げたRin Rin Ring製の首輪は宮廷内御用達になっています
犬の服と飼い主さんの服のお店 Mobby
ニコ・ジョゼ ルックの御用達店です
ケーキショップ あかね
ニコライ宮殿すぐそばのとっても美味しいケーキ屋さんです
パティシアさんの腕もいいし、何より美味しいケーキが待っています
sushi 田なべ
たまに行く、とても美味しいお寿司屋さんです
ちょっと贅沢してもここは一度行ってみなはれ
(事前に予約して行った方がいいかも)
千野メガネ
ニコライ宮廷御用達のメガネ屋さんです
侍従の父ちゃん、母ちゃん、爺ちゃん、婆ちゃんからお世話になっているお店です
レストラン虫狩
ニコライ宮廷御用達のフレンチレストランです
ニコライブルクには珍しいサービス、味、給仕の成長が見込めるレストランです
くじらのお宿一乃谷
クジラ料理は天下一品のお店です
こんな美味しいクジラ料理を出してくれるお店はほとんどないかもしれない
ADWS
ウィーンの旅行は
ADWSウェルカムサービス
森と芸術と音楽の都ウィーンを旅するならここを頼れ!!
至れり尽くせりのサービスでオーストリアならびに中欧の旅行を満喫できるよ
いつかは行きたい、東の帝国
日本ハムファイターズ
我らがホームチーム、この勢いで日本一だぁ!!
ソフトウェア工房 ニコライ屋
侍従はこんな仕事をしています
ホームページをリニューアルしてみました。
(書いている内容もあまり変わらないんだけどね)
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。