fc2ブログ

ニコライブルクの物語

侍従 好きなものとやりたいことを語る

今日は侍従の独り言である。
興味のない各位は読んでもらっても面白くもなんともないのでスルーされるように。

侍従はどちらかと言うと普通の船よりは軍用艦、普通の飛行機よりは軍用機、普通の車よりは戦闘車両が好きである。
(侍従は、中年になっても永遠の男の子なのだ)
で、この中からさらに絞り込むと軍用機好きである。
更にこれからまた絞ると戦闘機が好きである。

侍従は中でも緑色の飛行機とあのジェット戦闘機が好きである。
やっぱ緑色の海軍機で一番好きなのはこの1機。
零戦
三菱零式艦上戦闘機52丙型
(Wikipediaより)
日本人の英知の結晶がこの飛行機である。
(設計主務者、堀越二郎はやっぱり天才だったのである)
侍従の飛行機好きの原点がこの飛行機であると言っても過言ではない。
米国が圧倒的開発力と物量で押しまくってくるまでは搭乗員の技量と共に世界最強の戦闘機であったのだ。

んで、緑色の陸軍機で一番好きなのがこれ。
五式戦
川崎五式戦闘機
(Wikipediaより)
大戦末期、疲弊した日本で唯一まともに当時世界最高水準と言われた米国のP51マスタングとやりあえた戦闘機である。
(設計主務者の土井武雄の機転と緻密さには脱帽である)

で、ジェット戦闘機であればやっぱりこの1機。
ファントムⅡ
マクダネルダグラスF-4EJファントムⅡ
(侍従が高校生の頃、千歳の航空祭の時に撮影)
今となっては笑い話であるが当時冷戦真っただ中である。
旧ソ連が冬でも凍結しない海を求めて北海道に本当に攻めてくると皆真剣に考えていた頃である。
当時最前線の千歳基地、小松基地からこの戦闘機がよくスクランブルで飛んで行った。
千歳基地から40㎞ほど離れたニコライブルクでもアフターバーナー全開のファントムの爆音が頻繁に鳴り響いていたものである。
子供のころよりシベリア抑留から帰りや樺太帰り、満州帰りの百姓の爺さんたちに囲まれて育った侍従。
ソ連に占領されると地主階級の一族郎党は皆、土地を接収されシベリアに送られると子供の頃からすり込まれた侍従。
(侍従のよく使うフレーズ「シベリア送り」はここに端を発している)
当時この戦闘機を採用するに当たり他国の爆撃能力があるうんぬんで紛争したようであるが侍従にとってみればこの戦闘機は救世主なのである。
(全く大げさである(笑))

ニコ :うむ、これじゃ!!
    侍従!
    この戦闘機を100機単位で購入じゃ!!
    これで2重王国も恐るるに足りず!!
ニコ1

侍従 :嗚呼、陛下。
    もうこれらの戦闘機は既に退役しております。
    それにファントムは中古でミサイル付きでもも1機35億円。
    維持費と購入費でいったいいくらかかるとお思いですか!!
    モフモフに換算するとそのような財源どこにありましょうや。
    重ねて申さば100人も操縦士など雇えませぬ!!
    おバカも休み休み申されませ!!
    (全く、月々の宮廷の住宅ローンでさえ払うのがアップアップなのに)
ニコ :ぬ、ぬぅ....。
ニコ2

ジョゼ:いくらなんでもそんな金額、あたしでも貸せないなのよっ。
ジョジョ
当然である。

でもね、お金云々は別として南方で朽ち果てている大戦機を持ち帰ってリストアして飛ばせるようにしたい。
いくら時間がかかってもいいから。
それが侍従の究極の夢なのだ。

ポチっとされたし
にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト



Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  [] [Edit]
2010.02.21 Sun 19:15  |  shuchanmama #-
戦闘機、ワタシは全く詳しくありませんが、
熊五郎は、趣味の範囲であり、話だすと止まりません。
1度、家族にて、丘珠空港にて行われた、航空ショー?を
見に行った事があります。間近に見る戦闘機の音に
足がすくんだ事が今も忘れられないですね。
  [URL] [Edit]
2010.02.21 Sun 21:34  |  きくいち #-
子供の頃ゼロ戦が空港に来て両親に連れられ見に行った事を今思い出しました(笑)
船や車両は自衛隊の基地があるので見たことがあります。
私的には、運転できるんじゃないかとの理由で(修行を積めば船も飛行機も動かせそうだけど)車両が好きですが、演習後と思われる葉っぱで偽装した車両と思いがけず出会ってしまった時は、何だか笑っちゃいました!
  [URL] [Edit]
2010.02.21 Sun 22:05  |  ダニエル #-
昨日ちょうど那須塩原の温泉に行ってきたんですけど、
途中に「戦争博物館」とかいうものがあって、その表にそういう
戦闘機みたいのがある様子でした(中には入ってない)。
一度行かれてみてはいかがでしょうか?
  [URL] [Edit]
2010.02.21 Sun 22:09  |  oceangecko #-
主人の同僚で、私も知り合いのお方が、まさにこういうった趣味です。
今年の年賀状は戦車「タイガー」の手書きしたものでした(笑)
福岡の築城基地、毎年秋にあるショーは、すごい人らしいです。
一度行ってみたいんですけど、人の多さを聞いているので
なかなかいっていません。
  [URL] [Edit]
2010.02.22 Mon 00:50  |  shippo #-
はーい、shippoですよー
ちゃんとスルーしました!って報告です(笑)
最初のニコ様の写真ね、冷蔵庫内に張っておこうかな
「コラッ、食べ過ぎじゃ」ってに睨まれるとこんな私でも
少しはダイエットになるかも
  [URL] [Edit]
2010.02.22 Mon 02:55  |  ちゃちゅけ。 #8i45LJ9U
「ああ~お前もかブルータス!」

ちゃちゅけ。の周りには、そういう男子いっぱいいましたぞ。
(過去に…『世界の軍隊』やら『ヒットラーの親衛隊』やらのミリタリ書籍を作っておったので、その経験から言って「この人ならやりかねん!」という人いました)。

また、先の対戦で帝国陸軍が極秘開発した5式対戦車用ロケット砲が
終戦前に実用化されていれば、日本軍は勝てたはず、と宣う方もおられた。

侍従長どのもそのくちでございますか。

されば、夏と冬恒例のミリタリーコンベンション(ブラックホール)には、ぜひ一緒に(?)参りましょう。
なぜか、最近は、このような民間の催しに
本物の自衛隊がブースを出してます。
自衛館とかもありますしねぇ。
  [URL] [Edit]
2010.02.22 Mon 03:01  |  ちゃちゅけ。 #8i45LJ9U
そういえば…
サンノゼの戦争博物館みたいなところに言った時。
ボランティアのおじさんは、極東から来た子に親切に案内をしてくれた。
アメリカ独立戦争から数々の世界大戦、そして、湾岸戦争のあたりまで。資料と記録はすばらしく充実していた。

しかし。
そのおじさんは、ベトナム戦争のエリアだけ、スルーした。
そこが聞きたかったのに。
  [URL] [Edit]
2010.02.22 Mon 19:28  |  侍従長 #qDfdtOiE
鍵コメ様
う~ん、なるほどぉ。
そう言う考え方もありますな。
でも、りストアした大戦機には銃は積めず。
(20mm機関砲も13mm機銃ももう無いし^^)
過去の飛行機を蘇らせたい。
その飛行機をもう一度飛ばせたい。
やっぱりこの衝動は抑えられないのでございます。

shuchanmama様
凄い音でしょう?
戦闘機が離陸する時、大型トラックの満タンの燃料が一気に無くなります。
でもmama様が聞かれた音はまだ小さい方です。
圧縮した空気を燃焼させて更に推力を増すためにその排気をさらに点火して燃焼させるともっとすごい音になります。
これがアフターバーナー音と言われる奴です。
これは本当に聞いていると文字通り耳がつんざけます。
熊五郎様。
後の説明はよろしく^^。

きくいち様
そうそう。
私も北海道に零戦が来たとき車で見に行きました。
(給仕係と)
あまりの美しさに見とれてしまいました。
えぇ、しっかりビデオで撮影しましたとも!!
戦闘車両を見て笑っているうちが平和です。
笑いごとで無くなるようなことにならないようにしなくちゃね^^。

ダニエル様
那須塩原...。
遠いなぁ(笑)。
どれ、H.P.で言っちょ調べてみましょ。
情報ありがとうございます。

oceangecko様
おぉ!!
寅年だからタイガー戦車!!
そう言う手があったかぁ(≧▽≦)。
そのご友人。
かなり出来る人とみた。
千歳基地は天気が良ければ10万人きます。
ほとんど車です。
(これがまた車全部収容できちゃうんだなぁ)

shippo様
スルーOKです。
このニコライを見て、間食は控えられませ。
それでも繰り返すと
「シベリア送りじゃ!!」
と、写真にいつの間にか書いてあるかも知れません。

ちゃちゅけ様
レアな仕事してましたなぁ。
なに?
日本軍は勝てた?
ムリです。
圧倒的物量の国と戦争をして、小手先の新兵器を導入しても勝てる訳が無い。
彼には戦争には補給と言う概念が欠落しておりますな(笑)。
戦争で負けないためには限られた条件の中で外交力によって最良な策で回避するのが一番なのでございます。
しかし、ベトナム戦争をすっ飛ばすとは。
こてっこての米国人ですな。
そのおっさん。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://nicojose.blog17.fc2.com/tb.php/600-2c36cd82
プロフィール

侍従長

Author:侍従長
家に帰るとネコがいた。
姉妹ブログ「金・銀*2・白銀・三毛のねこ」(←クリックしてみて)の給仕係(Rucion)と暮らして十数年。
ニコライ・ジョゼフィン・フレイヤ・アレクセイ・侍従の五巴の戦いの毎日。
ネコのみならず普段の思ったことをジャンルに構わず記載する。

登場ニャン物紹介
通 称:ニコライ
ニコライ




正式名:ニコライ・アレクサンドロヴィ
    ッチ・ロマノフ(ニコライ2世)
生誕日:2007年5月12日
性 別:オス
猫 族:ロシアンブルー
性 格:甘ったれ、わがまま、ヒヨヒヨ
本ブログでの地位:皇帝(貴族)
名前の由来:ロシアンブルーだから
        とりあえずロシア皇帝の
        名前でもつけとこってことで

通 称:ジョゼフィン
ジョゼフィン




正式名:メアリー・ジョゼフィン・カフリン
誕生日:2007年8月27日
性 別:オスでもありメスでもある
    (いわゆる両性具有)
猫 族:これでも正真正銘のソマリ
性 格:強欲、太っ腹、面倒見良し
本ブログでの地位:ブルジョワ(平民)
名前の由来:闇の世界を支配する
        性格からアル・カポネの
        カミさんの名を頂く

通 称:フレイヤ
ジョゼフィン




正式名:フレイヤ
降臨日:2008年10月28日
性 別:メス
猫 族:ノルウェイジャン・フォレスト・
     キャット
性 格:好戦的、怖いもの無し
本ブログでの地位:自称女神(神)
名前の由来:当ニコライ宮殿に幸を
        もたらしてくれるであろう
        という願いを込め、北欧
        神話の豊穣の女神より
        名を頂く

通 称:アレクセイ
ニコライ




正式名:アレクセイ・ニコラエヴィッチ・
     ロマノフ(アレクセイ皇太子)
生誕日:2009年9月21日
性 別:オス
猫 族:ロシアンブルー
性 格:きかん坊、暴れん坊、怒りん坊
本ブログでの地位:皇太子(貴族)
名前の由来:ニコライの後継者ってこと
      でニコライ2世の倅の名前
      をつけてみた

通 称:撫子
撫子




正式名:ミケランジェロ・いぶき・撫子・
     ガブリエラ・ぐーぐー丸・明子
生誕日:2012年4月2日(推定)
性 別:メス
猫 族:縞三毛
性 格:甘えん坊、お転婆娘
本ブログでの地位:移民
名前の由来:三毛猫で淑やかに育って
      欲しい願いから。

NicoJoseカウンター
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
サークルでぇーす

モフモフ愛好会






モフモフ好きの方に是非!!


オトメン倶楽部










オトメン倶楽部員になりました


多夢郵便切手
帝国皇帝ならびに臣民記念切手です。


お気に入りのお店リンク
猫雑貨のお店MEOU MEOU
ネコさんの楽しいグッズを一杯取り揃えています。
各種イベントも盛りだくさん開催していますよぉん。
猫雑の首輪 Rin Rin Ring
ヘンプで編んだ綺麗な首輪を作ってくれます
とっても丁寧な作りです
ヘンプで編み上げたRin Rin Ring製の首輪は宮廷内御用達になっています
犬の服と飼い主さんの服のお店 Mobby
ニコ・ジョゼ ルックの御用達店です
ケーキショップ あかね
ニコライ宮殿すぐそばのとっても美味しいケーキ屋さんです
パティシアさんの腕もいいし、何より美味しいケーキが待っています
sushi 田なべ
たまに行く、とても美味しいお寿司屋さんです
ちょっと贅沢してもここは一度行ってみなはれ
(事前に予約して行った方がいいかも)
千野メガネ
ニコライ宮廷御用達のメガネ屋さんです
侍従の父ちゃん、母ちゃん、爺ちゃん、婆ちゃんからお世話になっているお店です
レストラン虫狩
ニコライ宮廷御用達のフレンチレストランです
ニコライブルクには珍しいサービス、味、給仕の成長が見込めるレストランです
くじらのお宿一乃谷
クジラ料理は天下一品のお店です
こんな美味しいクジラ料理を出してくれるお店はほとんどないかもしれない
ADWS
ウィーンの旅行は
ADWSウェルカムサービス
森と芸術と音楽の都ウィーンを旅するならここを頼れ!!
至れり尽くせりのサービスでオーストリアならびに中欧の旅行を満喫できるよ
いつかは行きたい、東の帝国
日本ハムファイターズ
我らがホームチーム、この勢いで日本一だぁ!!
ソフトウェア工房 ニコライ屋
侍従はこんな仕事をしています
ホームページをリニューアルしてみました。
(書いている内容もあまり変わらないんだけどね)
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード